梅雨時期の前に綺麗にしよう♪浴室のエプロン内を掃除してスッキリ!

ユニットバスのカビの温床である、エプロン内を掃除した時の記録です。

↓使用したのはこちらの高圧洗浄機です。アイリスオーヤマの「タンク式高圧洗浄機 SBT-512」。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥19,800(2024/06/19 05:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

<手順>

まずは、自分でエプロンを外して掃除して良いタイプなのかの確認。

↓説明書に、浴槽下を掃除する場合のエプロンの外し方が書いてあったので、これなら自分で掃除してOK。

説明書通りにエプロンを外すと・・・・

はい。恐ろしい光景が目に飛び込んで来ました。

ハイターをスプレーし、15分ほど放置。

シャワーでしっかり流した後で、高圧洗浄をしました。

↓アフター

気持ちよく汚れが吹き飛びました。

部分的に見てみます。

↓ビフォア

↓アフター

↓ビフォア

↓アフター

!ここで備忘録として注意事項!

高圧洗浄をする際は、ゴムパッキンなどを全て外しておく必要があります。

高圧洗浄は強力なので、小さなパーツは吹き飛ぶし、パッキンは破れます。ホース部分にも、当てないようにしました。もちろん、天井などには電気や浴室乾燥機などがあるので、高圧の水を当てるのは御法度です。

↓パーツは、入れる順番を忘れないように別の場所に避難。取り外す過程を写真撮影しておくと安心ですよ。

以上、梅雨時期の前にお風呂場を綺麗にした話でした。

↓使用した高圧洗浄はこちら

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥19,800(2024/06/19 05:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

※私一人でも何とかできましたが、、、、結構な力仕事になります。